まにこの ラブクリアリィ♬

コース(奇跡講座 A Course in Miracles)と にいちゃ(ダーちゃん=イエス)との癒しの日々。 愛するYL(ヤングリビング)精油、宇宙犬の紹介。(^_^)絵もあるよ。

--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/04/24(Thu)

ひの光/生徒が準備ができた時、師は現れる

天音さんが教えてくれたこの方のブログ。


「門番」っていうのがすごく気になった。


わたしも、多分門番を頼んでる。


「もし自分をありのままで表現し始めたら、戻してね!」って


笑っちゃうけれど(笑)


どうもそうらしい。


多分、自分をありのままで全開で出して、かなり惨い目にあったことがあるんだろうな。


「そうすればもうあんな死に方はしないだろう」と思って、そういうことを頼んで地上に来るらしい。


門番は、自分が開花することを許可したら


おっかない顔をして、おどかしてくれるんだそうな。


わたしの頼んだことは、


「救おうとしたら、手酷く拒絶される」だ。



多分、わたしがそういう死を恐れている限り、門番のひとは


いろんなひとの姿で一生懸命わたしをおどかしてくれるんだろう。


なんか、そういうのは


わけのわからない根源的な恐怖が湧いてくるらしい。


それでも、


それはいつか過ぎ去ったことなのだ。


TVのうんとこわいーーー。な 恐怖番組と一緒で、、、


どんなに怖くても、


波長が違うのなら、違うもの。


(多分、白い格子窓が嫌いなので、そこにブチ込まれてイヤな思いはしていると思う、、、多分、病院系。)



出れるでれる。


波長が違うのなら、出れるよ。


だから、もうそんなにありのままで生きることを必死に抑えなくてもいい。


おまけ


病院の緑の非常灯が嫌いだった。


あんまり嫌いなので理由を考えてみたんだわ。


したら、


保育器。


わたしは仮死状態で生まれたから、二週間弱は保育器にいた。


昔の病院だから、きっと消灯したら 緑の明かりが光っていたんだろう。


それがとても嫌だった。


怖いのに、おかあさんは来ないし。


それを感じていたら、


もう、次に夜の非常灯を見ても あまり怖くなくなった。


なぜって、



それは赤ちゃんのときの怖かったことで


いま、こわいんじゃないと


識別したから。


たぶん、正視したほうが、恐れにはいい。


識別してあげられるから。


おまけ


エックハルト・トールの「ニューアース」の出だしで、


電車で独り言を言っていた女性を見ていたエックハルトは、


大学のトイレにたどり着き、


自分が、まさに同じように独り言を言っていることに気づく。


電車の中で言うのと、


自分がこうして 独りでトイレで言うことは 全く変わらないじゃないかって。


全くもって見事な気づきだと思う。





ほんとうに恐ろしいものは、自分の中のものが映し出されているだけ。




おまけ


要するに 病かそうでないかって


「生命を育むか 生命を破壊するか」ってベクトルの違いだと思う。


つまり、


同じものでも


それが生命を育んでいるのなら生命。


破壊しているのなら、なんでも「病」。


なぜなら、病は生命に抵抗している状態のシンボルだから。


楽しいのならそれがいいし、


それが生命の流れをよどませるのなら、なんと言い訳をしてもやっぱり


「DISーEASE」安らぎへの反逆、やまひ なのだ。


やまいだから、旧かななら 「やむひ」


ひ。 ひは 命のこと。


ひが「やむ、止む、病む」=やむひ=やまひ。


だから、いのちの「ひ」がとどまっているなら、やまひ。


ネガティブは常に静的だとバシャールは言った。


そして、


ポジティブは常に動的だと。


つまり


ネガティブな観念は 「やむひ」なのだ。


それは川の石と似ている。


だから、49:51でも、ポジティブな観念がちょっとでも多ければ、ポジティブに行くと


バシャールは言ったんだ。


だって、川で考えたら


岩があろうが、それが流れの強さに拮抗しない限り、川は流れる。


そして、(明らかに)拮抗しない限り、川の流れの方が強い。そういうことだ。


河童のー


川流れェェェー、、、(笑)


だから 「進化した存在としての河童」って マリトマは手紙に書いてくれたんだな。


「川流れ」マスターだもんな、、、(笑)


河童のヴァイブレーションジュエリーについていたマリトマからのメッセージは


「たとえそうと信じられないときも、すべてと繋がっていることを信頼する」だった。


信頼、、、


かっぱも 川を信じているから 流れるのよね。


信じずにもがいたら それだけ おぼれやすくなってアッブナイもんね(笑)


ひ(生命)はながれるから。


ひは、いつも動くから。


だから、ポジティブは動的。


だから、ポジティブは信頼と一緒。


生命への信頼。


ポジティブはいつも動く。


ひはいつも動いている。


だから、心臓が打ち、肺に空気を吸い込み、ごはんを消化して、生きて行くことができる。


なんの努力もいらない。


体が今日も動くことこそが、生命のあなたへの愛の証。


心臓は一打ちごとに言う。


いのちを信頼して欲しいと。


肺はひと吸いごとに言う。


受け取るのに力みはいらないと。


内蔵は告げる。


リラックスすれば、わたしたちが完璧に処理しましょう、と。


皮膚は言ってくれる。


柔らかさと なにものも害を寄せ付けない剛健さは ほんとうは両立しますよ と。


体は今日も生きている。


からだは今日もポジティブの化身。


からだは偉大な先生。


あーあ、朝から泣けて来ちゃったよ、、、(笑)


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • Comment
  • Pass
  • Secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

まにこ

Author:まにこ
コース(奇跡講座 A Course in Miracles)と にいちゃ(ダーちゃん=イエス)との癒しの日々。
愛するYL(ヤングリビング)精油、宇宙犬、なぜかたいっち的な紹介。(^_^)絵もあるよ。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (633)
かわいい (1)
YL精油が大!好きっっ♡ (7)
お絵かき (2)
ありがとう♡ (1)

よかったらどうぞ(^-^)/

しつじカウンター

リンク♡

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。